アイソス番外編

12/9アイソス番外編というメールマガジンが来た。 その中で 「日本人女性初のISO理事に就任した中川梓氏から、ISO総会・ISO理事会の報告とともに、就任の抱負について語っていただきました」 という記事があった。 俺この人嫌いなんだよね。 2010年のCEAR講演会で「マネジメントシステムの有効性を審査する」という演題で語っていたが、JAB代表として「認証の信頼性が低下したのは企業が審査において虚偽の説明をしたからだ」とご高説を語っていた。証拠なく妄想を騙る人は私は嫌い以前に信用しない。 ISO理事というからには国際的に活動されるのだろう。ゆめゆめ嘘をついて日本の恥にならないようにと陰ながら心配しております。 おっと、2010年の講演会のとき質問しようとしたのだが、あの人数では挙手してもとても指名はされなかっただろう。今は登録者も減ったようだから講演会で指名されるかもしれない。 とはいえ、産環協のCEARがISO14001審査員登録機関だったのは2019年9月まで、今はJRCAに業務が移管された。 もうCEAR講演会もないか(笑)

続きを読む

ISOコンサル

最近は認定機関も認証機関も低調だ。それでISOコンサルのウェブサイト、ツイッターなどを見て歩いている。 まず「ISO+コンサル」でググって一つずつ見ていく。 おもしろいことが分かる。ヒットした上位からコンサル会社を見ていくのだが、立派な社名とか従業員数が数百人とか書いてある。ところが会社概要とかのリンクがない。 それで改めてその社名でググるとISOコンサルではない会社が出てくる。そして会社概要をみると事業の一つにISOコンサルが出てくる。更に細かく見ていくとISOコンサルは大きな企業の一事業ではなく、小さな個人経営のISOコンサルがヒットした会社の一部となっているように見える。 ISOコンサル以外の事業もたどっていくと個人経営に毛が生えたようなものにしかみえない。要は従業員総数、数百人、資本金数千万の会社であるが、実態は資本金一千万、従業員数名の会社の集合体にしか思えない。今は小規模企業が合体して会社の実態を大きく見せる方式が流行っているのだろうか? ともかくそんなものを見ていくとおもしろい。 なおISOコンサル事業のトップ経営者が30そこそことなると優秀な若手なのか、怪しい香具師なのか、それも興味がある。

続きを読む

本日は本家を更新しました

本日は本家を更新しました えー本日は独立したコンテンツではなく、先日書いた「ISO14001規格と審査がしっかりわかる教科書」の続編というか続きです。まあ、どうでもいい話ですね。 認識の理解

続きを読む