疲れが違う

引退して体力作りにとフィットネスクラブに入った。 元々が虚弱体質、あげくにメタボと宣告されているので、クラブに入ったとき、筋肉隆々などを望むのではなく、まあ老化を遅らせる程度と希望を述べた。 ということであまり過激なトレーニングはしていない。 というわけで行くたびにウォーキングをしている。それで疑問がある。 速度5.6キロくらいで40分も歩くと非常に疲れたという気になる。 だが我が家からフィットネスクラブまで4.3キロ、その距離を42~43分で歩いていくので時速6キロくらいになる。しかしこの距離を歩いたよりもベルトコンベアの上を歩くと疲れる。その違いはなんだろうか? 想像だが、 1.機械は常に一定速度であるに対して、道路を歩くと信号待ちで止まって休憩できるから 2.道を歩くと話し声が聞こえたりそよ風が吹くのに対して、室内は景色も変わらず気分的に楽しくない 3.自分が歩くのは慣性があるので、同じところで足を動かすより楽(これは物理法則では違いがないように思うけど??) 4.目的地につくという達成感がないからという心理的なもの   どうなんでしょう??   本日も本家に駄文を追加しました。 力量 その2です。 http://www.mars.dti.ne.jp/~saitota/2012/iso414.htm        

続きを読む

ラブラブである

退職して私が家内と過ごす時間が増えたかと言えば、全然である。 家内は地域のクラブなどでほとんど毎日出歩いている。 私もそのほうがめんどくさくないし、なによりも顔を合わせていると喧嘩をするのが関の山、亭主元気で留守がよく、家内元気で留守がよい という状況であるが仲が悪いわけではない。 今日はたまたまお互いに予定がなく、じゃあ映画でも見に行こうかということになった。 不肖おばQは還暦を超えており、シニアというか老人優待で1000円で映画が見られるのだ。   ついでに言えば床屋も安いのだ。 映画館のあるショッピングセンターまでの道、小さな町工場の看板が目に留まった。 「ISO9001認証工場」 と大書してある。 看板はまだ新しいようであった。すると認証して間もないのだろう。 いや、日本の認証機関はまだまだ大丈夫だ。 ヨカッタ・ヨカッタ(パレアナの言葉)   タイトルがなんでラブラブかと? 家内と私がラブラブですよ    

続きを読む