ビジネス戦略

最近、電車に乗るとヴィトンを持っている人が減ったのが気になる。はっきりいってヴィトンを見つけるのが難しい。そんなことを前にも書いた。 ブランドというのはやはり、物が良く、値段も高く、手に入れるのが難しく、持っている人が少ないということが必要条件だろう。 だから売れに売れるということはブランドでなくなることであり、本当にブランドを守ろうとするなら一定量以上は供給しないことだ。 日本の現実をみれば、セレブとかちょっとしたお金持ちだけでなく、そこらへんの女子高生、オバちゃん、おじさん誰でもヴィトンを持っている。これではブランドではなくなってしまう。 もちろんビジネス戦略にはブランド戦略しかないわけではない。量を売って総売り上げ/利益を最大化するというのもひとつの選択であり、あるいはその反対に、一般人には知られていない通好みのニッチで闘うという選択もある。 ともかくブランドを維持しようとするならそれなりの戦略をとる必要がある。ヴィトンはもはや日本においてブランドを失墜してしまったと思う。もうこれからは、新たなブランドでステイタスを築くか、コモディティとなってしまったヴィトンブランドで売上、利益の最大化を進めるとかの道しかないように思う。   話しはパット変わる。 ISO認証というのは1990年代前半はブランドだったと思う。ISO認証しているからあの会社は優れていると言われていたのだ。だからこそ多くの会社が認証を受けようと考え、それに伴って、認証機関もコンサルタントも雨…

続きを読む

電子政府のこと

電子政府といえば、多くの人は法令の調査に使うことが多いだろうと思う。それとも私だけか? しかしその内容は非常に多方面にわたり、ながめていると面白いものがたくさんある。 「パブリックコメント一覧」というものがある。 行政手続法という法律がありまして、そこで法律の下位規定や命令を定めたり改定するときはパブリックコメントをしなければならないことになっています。法律そのものは国会で審議されるのでパブコメは義務ではないようです。 話を戻しますが、私は現役時代はこのパブコメ一覧をいつもみて、仕事に関係するものがあれば内容を眼光紙背を通すがごとく読み、異議があるものには即メールを送っていました。もっとも私ごときの意見が採用されたことは一度もありませんでしたが、 ともかくながめていると面白い。もちろん環境以外の分野も斜めで見ると面白いです。 おお、あなたは環境担当者で毎日ごらんになっていましたか、それは失礼いたしました。 今後ともしっかりと目を光らせてください。

続きを読む

ISO本の発行数

ISOマネジメントシステム規格関係の本の出版数ががた減りである。ISO9000とISO14000関係の2013年1月以降に発行された書籍はたった4冊である。  これから12月まで同じペースで発行されるとすると、あと2冊くらいだから合計6冊、過去の実績の近似線上にあるが、先細りする一方だ。     今QMSもEMSも2015年改定の予定なので、改定されるまではせいぜいがISO関係の法解説本の改訂版程度しか出ないのかもしれない。 いやあ、ISO関係も大変だなあ~ 棒  

続きを読む