情報収集

引退してから、実際の審査に立ち会うとか自分が被告になるということがなくなった。また現職のときは毎年100件以上の審査報告書を見ていたが、これもなくなった。そして血相を変えて相談に来る人もいなくなった。 規格改定とか制度改定などの情報はいくらでも転がっているが、実際の審査の場の問題についてはなかなか情報入手ができない。ということで最近は審査の現場の状況はつんぼ状態だ。 いや、これも考えようで理不尽なことを聞くこともなく読むこともなければ心安泰でいられる。 いやいや、日本のISO審査のレベルが向上して、私が現役だったときのようなおかしな審査はなくなったのだろう。そうであるに違いない・・・ではないだろうと思いつつ

続きを読む