認証可能性

「認証可能性」なんて言葉は聞いたことがない。実は今私が作った。 本日は認証可能性のお話し、では始まり始まり・・・ 1995年頃のこと。 当時私はISO9001やISO9002の認証経験は複数あり、企業側のISO担当者としては素人ではないつもりだった。当時のISO9000シリーズはまさに即物的で、イエスかノウかが明白な判断基準であった。 そして私はそれ以前から品質保証業務に従事していたが、品質保証協定書にはお客様が管理して欲しいものが具体的に書かれていて、二者間の品質監査は守っている、守っていないが明確に判断できる世界だった。 さて、その頃マネジメントシステム規格を自称したISO14001のドラフトをみた。そしてこんな曖昧模糊の規格では監査も審査もできないだろうと思った。  注意、ISO9000シリーズは当時は「品質保証規格」であった。 だがそんなイエスかノウか判定が困難な規格で、96年頃からISO14001のトライアル審査が始まり、97年から本格的に認証が開始された。当時見聞きした審査は、規格の意図が実現されているかを確認するのではなく、規格文言が書かれているかどうかを確認しているだけであった。 だから「規格では○○することとありますが、マニュアル(あるいは規定)には○○すると書いてありません」なんて不適合がジャンジャンと出され、いやそれ以外の不適合はちっともなかったのである。 そして我が愛しきISO9001も2000年改定で品質保証の厳格な規格から、いい加減などうとでも解釈され…

続きを読む