ビジネス戦略

最近、電車に乗るとヴィトンを持っている人が減ったのが気になる。はっきりいってヴィトンを見つけるのが難しい。そんなことを前にも書いた。 ブランドというのはやはり、物が良く、値段も高く、手に入れるのが難しく、持っている人が少ないということが必要条件だろう。 だから売れに売れるということはブランドでなくなることであり、本当にブランドを守ろうとするなら一定量以上は供給しないことだ。 日本の現実をみれば、セレブとかちょっとしたお金持ちだけでなく、そこらへんの女子高生、オバちゃん、おじさん誰でもヴィトンを持っている。これではブランドではなくなってしまう。 もちろんビジネス戦略にはブランド戦略しかないわけではない。量を売って総売り上げ/利益を最大化するというのもひとつの選択であり、あるいはその反対に、一般人には知られていない通好みのニッチで闘うという選択もある。 ともかくブランドを維持しようとするならそれなりの戦略をとる必要がある。ヴィトンはもはや日本においてブランドを失墜してしまったと思う。もうこれからは、新たなブランドでステイタスを築くか、コモディティとなってしまったヴィトンブランドで売上、利益の最大化を進めるとかの道しかないように思う。   話しはパット変わる。 ISO認証というのは1990年代前半はブランドだったと思う。ISO認証しているからあの会社は優れていると言われていたのだ。だからこそ多くの会社が認証を受けようと考え、それに伴って、認証機関もコンサルタントも雨…

続きを読む