親の顔が見たい

みのもんたという芸能人の息子が、窃盗未遂をしたというので話題になっている。未遂といっても泥酔している人様からカードを盗みお金を引き出そうとしたが暗証番号が分らずに引き出せなかったということだから、正確に言えばカードを盗んだ時点で立派な既遂の犯罪である。 それはともかく、 みのもんたという芸能人(実を言って私はテレビを観ないのでどんな芸があるのか知らない)であろうとなかろうと、成人となった息子の犯罪の責任を問われるとか、その故でテレビ出演をしてはならないなんてことはありえないと私は考える。まさか31才になって結婚している息子の監督責任はないだろう。 しかし、みのもんたという芸能人は今までテレビで犯罪や不祥事を起こした人について「親の顔が見たい」とコメントして人気を取っていたという。 それでは息子の犯罪とは関係なく、みのもんたが今までに発言したことを根拠にして「親の顔が見たい」と言われるのは必然であり、日本語として、その言葉が言外に持つ「表にしゃしゃり出てくるな」ということを自ら実行してほしいと私は考えるのである。 それによってみのもんたが生活費を稼ぐことが困難になると語るなら、今までみのもんたに「親の顔が見たい」と言われた人のことを思えば当然としか言いようがない。 もっとも、みのもんたは会社の社長だからそんな心配はいらないだろう。面白いことに、その会社は以前脱税して騒動を起こしたのだか、みのもんたが今でもテレビに出られるのはどうしてなのだろう? そればかりでなく最近、みのもん…

続きを読む