日本語を使う根拠?

昨日、JIS規格はおかしいことが多いから、ISO規格を併記したらどうかと書いた。 名古屋鶏様からコメントを頂いたが、おっしゃるとおり確かにみんなそう理解しているから微妙なところは英語を読んで理解しようとしている。しかしちょっと疑問を持った。 では本日のお話の始まり始まり   昔々、日本国憲法は日本語が正ではなく、英文が正だった。つまり英語の日本国憲法が基本であって、裁判でもなんでも最終的には英文を読んで解釈を決定するという時代があったのだ。 日本国憲法はアメリカから押し付けられたものではないと語る人たちはそんなことを知っているのだろうか? おっと、私は日本国憲法はアメリカの押しつけだから改正しなくちゃいけないなんて語っているわけではない。単なる一例として挙げただけです。   もっとも私の日本国憲法論を知りたい方はこちらへどうぞ   しかしと思う。 日本国の正式な言語は日本語ならば、日本語以外の原語で書いた文を日本語の文よりも優先するということがありえるのだろうか? いや、それよりも日本語を優先すべきという根拠はなんだろう? 興味を持ったので、日本では日本語を使うと決めた法律があるのか調べた。その結果なかった。学校教育法という法律では「国語を教える」とあるが「日本語を教える」とはない。とはいえ他の法律で「日本語を話せない人のために」という言い回しはあるが「国語を話せない人のために」という言い回しはないようだ(しらみつぶし…

続きを読む