リサイクルよりリジュースだろう

リサイクルを推進しようという考えが日本に蔓延しているようだ。私は現役時代から、それはおかしいと語っていて、周りからおかしいと思われていた。 だけどそれは真実じゃないのか? 廃棄物を出して、それをリサイクルしようという発想はおかしい。 廃棄物を出さないでリサイクルしないというほうがまっとうじゃないのか? 家庭のことを考えてみよう。家内は私に似てものぐさだ。だから新聞紙のリサイクルくらいはするが、牛乳パックのリサイクルもトレイのリサイクルもしない。家内に言わせると、面倒だからしないのではなく、積極的にしないのだそうだ。 家内は結構真面目で、生ごみが回収されてどう処理されているのか市に聞いたらしい。もちろん燃やすのだが、可燃性プラスチックが全然ないと石油で燃やさなければならず、ある程度トレイが混入しているとそのまま燃やせると聞いたそうな。それを根拠に市の焼却場のために「積極的に」トレイを入れているそうだ。 まあ、それが適正かどうかはともかく、トレイの回収を考えるなら、トレイを使わないとか、買い方を考えるべきだろう。なにせ家庭から出るごみの量からいえば、8割9割は包装材だ。 今日もごみの袋をマンションのごみ置き場まで持って行ったが、その前に中をみたら、食品のパック類、冷凍食品のパック、ヨーグルト、ネクタリン、つくだ煮などなどの容器、洗剤やシャンプーのプラ容器、カミソリの袋と刃先のカバー、アマゾンで買った電話機の内装材などなど、 笑ってしまったが数日前アマゾンで電話機を買った…

続きを読む