規格改定のため?

「2015 ISO14001 改定」でググると、出てくるのは認証機関やISOコンサルが語る、規格が変わる大変だ、対応を考えましょうというものが上位に並ぶ。規格改定は車のモデルチェンジと同じく売上の上がるチャンスというのはわかるが、それってやり過ぎじゃないって気がする。 ISO規格改定のたびに会社の仕組みを変えなくちゃならないということがまずおかしいと思うのが普通だろう。規格が変われば会社の仕組みを変えるなら、会社はISOのために存在するのかということになり、そりゃ間違いであることは間違いない。 会社の実態ではなくISO審査のために文書を変えるだけというなら、マニュアルに書いてある仕組みは会社の実態とは違うのかということになる。 どう考えても、規格改定があっても会社としては何もする気がないというのがまっとうのような気がする。 チガイマスカ?

続きを読む