ISO14001 2015年改定

JABが 「規格要求事項の視点から組織のMSを捉えるあまり、ともすると組織の本来業務とは別の異なる仕組みとして、規格ごとに個別に構築、運用するケースが見られ、また第三者による認証審査も、これを見過ごすばかりか、むしろ助長しているとの利害関係者からの意見も見られる。 本来、組織のMSは、組織のビジネス及び組織が社会の一員として行う付帯業務をマネージするただ一つのシステム MS規格の要求事項は、各々の段階で第三者認証を受けるか否かではなく、組織のビジネスの流れに基づいた一つのMSの中に組み込まれ、統合一体化して、初めて有効に機能する。(規格改定説明会資料より)」 なんて語っている。   会社の実態を示して審査してもらい、規格適合か否かを判定するようになれば、「ISOのために」という発想はなくなる。となるとISOコンサルは失業するだろう。ISO審査員は今までの数倍の力量が求められるだろう。ISO認証機関は優秀な審査員を雇わないと苦情が殺到だ。審査員登録機関はおかしな審査員(つまり現状レベル)を登録しているとこれまた苦情、異議申し立てが殺到する。JABは・・・止めておこう。 さてはて、認証制度が崩壊するのは時間の問題だな・・・   おっと、ISO認証のためのコンサルタントは滅亡しても、会社を良くするコンサルタントは永遠に存在するだろう。

続きを読む