宣伝メール

昨日、ISOコンサルや研修機関からの宣伝メールが多いと書いた。 その中の一つを紹介する。あるいはみなさんのところにも届いているかもしれない。 1. ISO39001 「交通事故が減る、事故が減ると保険料や車両修理費が安くなる。乱暴運転がなくなれば燃費が良くなる。(中略)弊社は自らこの規格を取得し、自社の交通事故の削減と取得支援をすることで世の中の交通事故の削減に貢献しようと考えています」 「ISO39001を認証すると交通事故が減る」とは書いてありませんが、普通に読むとそう読めます。 どうなんでしょうか(棒) おっと、「規格を取得」ってなんでしょうか・・・   2.ISO22301 「 ISO22301は、企業を倒産リスクから守るためのマネジメントシステムです。大規模震災、風水害、サーバダウンが発生し、それに被災すれば企業は倒産の危機を背負うことになります。このようなときに円滑に事業を復帰できるように備えなければなりません。そのようなことに役に立つのがこの規格です。」 驚いて規格を頭からしっぽまで読み直したが、そのようなことは書いてなかった。 「認証すれば良くなる」と断定して良いものだろうか?   もし今、「ISO9001は品質を良くする規格です」と言ったら何割が信用するのだろうか 期待が大きいと失望も大きく、信頼性が()

続きを読む