第2回 JABマネジメントシステムシンポジウム

  3月13日に行われたJABマネジメントシンポジウムの報告がJABのウェブサイトに載っている。今回は「複数のマネジメントシステム規格を効果的に使う」という、経営をかじった人なら発想もしない(間違っているという意味だよ)方法論を論じている。 まあ、呆れるというかISO-MS規格もオワリだなあという感じだ。 ところでいつも発表されている傍聴者数であるが、今回は公表されていない。発表できないほど減ってしまったのだろうか。 過去の参加人数の推移から考えると300名くらいかな? 実際に何名いたのか気になる。   過去の討論会の入場者数(注1) 開催年 回 入場者数 2007 13回 750名 2008 14回 800名 2009 15回 700名 2010 16回 600名 2011 17回 500名 2012 18回 400名 2013 第1回(注2) 400名 2014 第2回 非公表   注1:参加者数はJABウェブサイトから引用 注2:2013年開催(2012年度)から品質と環境を合わせて「JABマネジメントシステムシンポジウム」と改称。   本家を追加しました。 マネジメントシステム物語47…

続きを読む

迷信

  ネットでコンサルや審査員、はては企業担当者でさえ「ISO認証すると会社が良くなる」とか「ISOを活用して会社を良くしよう」はては「ISOで利益拡大」なんて書いているのを見る。 そんなのを見ると、私は考え込んでしまうよ。ISO規格にそんなことを書いてあるのだろうか? そして現実的にそういうことが立証というほどでもないが、ISOによって経営改善された企業があるのか? ちなみに過去のアンケートや調査において、認証の効果の上位は「意識向上」「文書記録の改善」であり、さらにその具体的根拠はなく回答者の気分あるいは感じで答えているだけだ。 認証の効果の正しい回答は「ビジネスの要件」にすぎない。そしてISO認証によって会社が改善されたと認識しているなら、それは今までがあまりにもプアだったということであり、ISO認証よりももっと低廉で簡易な方法でISO以上の効果を出せたことは間違いない。 そう語る人にとっては悲しいことである。  

続きを読む

検索エンジン

  私の本家にアクセスしてくる方はどんな方法でやってくるのかとアクセス解析というのを付けていることは以前話した。 このところ、ちょっとした異変がある。どんな検索エンジンできたのかというのもわかるのだが、最近はグーグルが減って、ヤフーが増えている。以前はグーグル4割ヤフーが6割くらいだったが、最近はグーグル1割ヤフーが9割くらいに変化してきた。 なお、日本の検索エンジンシエアというのがあるが、だいたいヤフーが6割、グーグルが3割とその他ということなので、今までの状況であれば世間並みのようだ。だが現在は世間並みから大きく外れてきている。 http://find.accessup.org/kensaku/access_history.html http://www.webcreate.ga-pro.com/search.html   これはどういう理由でしょうか? 何か思い当たることがあれば教えてください。ひょっとしてスマホの検索エンジンのシエアに変化でもあったのか? なお、以前私のウェブサイトはグーグルに嫌われていたようで「うそ800」で検索すると上位に出てこなかったのですが、今は私の価値を認めたのか(?)ちゃんと2位か3位にでてきます。 だからそういう理由はないように思うのですが??  

続きを読む