サーベイ報告

  昨日朝、パソコンを立ち上げるとマイクハイネケンなんて知らない人からメールが来ている。 なんじゃい!ビールの売り込みか?とメールを開くとISO14001のサーベイ報告とある。そういえばだいぶ前、ISOのアンケートがあって書き込んだような記憶がある。 あれはいつだったのだろう? ブログを検索したらなんと昨年の1月のことだった。 http://iso900114001.blog.fc2.com/blog-entry-1479.html でもって、どんな結論が出たのか? 悲しいことに私は英語が得意ではない。斜め読みできないので拾い読みした結果は、大して意味のある情報にも思えない。 まあ元々の設問が設問だからISOにとっては将来の規格構成などの参考になるかもしれないが、我々にとってはあまり意味がなさそう。   本家を更新しました。 第2回JABマネジメントシンポジウム http://www.mars.dti.ne.jp/~saitota/2014/iso564.htm      

続きを読む

甦れISO認証!

  ISO認証の信頼性がないそうだ。そう語っているのは私ではない。JABの実務のトップ、久保専務理事がそう語っている。いやその前任者も、理論的指導者であり認定委員会委員長であった偉大なる飯塚教授も語っていた。 だが、どのような証拠で信頼性がないのかは決して語らない。 そして数値的な裏付けを示したこともない。 今年のシンポジウムでも、久保専務理事はアクションプランによる活動にも拘らず信頼性は上がっていないという。 そりゃそうだろう、証拠も示せず、指標もなければ、信頼性向上以前に、何をもって信頼性の指標にするのか見当がつかない。 いやいやそれ以前にJABの語ることを信用できるわけがない。 ISO認証の信頼性をあげるにはJABの信頼性をあげなくてはならず、そのためにはちゃんとした証拠を示さねばならない。 話はそれからだ、    

続きを読む

天動説は絶滅危惧種?

  N様からメールを頂いた。天動説の審査員がどんどん減っているという。 天動説とは http://www.mars.dti.ne.jp/~saitota/2013/iso551.htm すばらしいことだ、どんどんと天動説が駆除・駆逐されていけば日本のISOは甦ることができるかもしれない。 もっとも15年遅かったという感じは否めないけど    

続きを読む