ISO認証の意義

  ISO認証とは何かというのは種々議論がある。 偉大なる飯塚先生は「外部へ信頼性を提供する」ことと「改善のツールとなる」と語った。それが現実的に正しいのか否か、どうだろうか? 私は経験的には「偽」であるように考えている。 もちろん飯塚先生初め多くの人が「真」と信じていることは間違いないだろう。まさか「真」と考えていないことを語るはずはない。ということにしておこう。 ちょっときっかけがあり、今このことについて考えをめぐらしている。 下手な考えとおっしゃるな、その通りであるのだけれどね しかしこれは根源的なものだし、これをおろそかにしては認証制度あるいは認証ビジネスを考えることはできないはずだ。 みなさんはどう思います?    

続きを読む