ISO認証ビジネス

  過去数回、ISO認証ビジネスというものの規模とか伸長を考えて、継続できるのか、将来どうなるのかなんてことを考えたことがある。 http://www.mars.dti.ne.jp/~saitota/2013/iso492.htm 前回から1年が経ち、認証件数や審査費用などから現状を調べている。 まとまったら書くつもりです。 どうなりますか?    

続きを読む

髪の毛

  老人大学はいつも午前だけか午後だけなのだが、今週は午前から午後までの講義(?)で一日がつぶれた。それでフィットネスクラブには行けなかった。 フィットネスクラブに行ったときは、風呂に入って体を洗いシャンプーをする。別に費用削減ではなく、プールには塩素が入っているからきれいに洗い流さなければならないと思うからだ。 さて朝起きて頭を見るとわずかばかりの髪の毛がつやつやしている。 どうしてかと考えたが、フィットネスクラブのシャンプーのせいだろうか。塩素を落すために強烈なので髪の脂分が一掃されてしまったのだろうか? それともプールに入ることによって髪の毛がダメージを受けているのだろうか? どちらか分らないが、スイミングも良いことばかりではなさそうだ。 おばQの髪の毛がなくなったら、おばQから海坊主に改名しなければならない・・・

続きを読む

カーボンマネージャー段位

  エコプロ展に行ってもらってきたパンフレットをながめている。勉強になるものもあるし、なんだこりゃあ?というものもある。 「カーボンマネージャーのキャリア段位認定制度」というものが作られたそうだ。初段(レベル1)から7段(レベル7)まであって、さあ、みなさん段位を取って励みましょうとある。 ところで囲碁の段位というのはどんな価値があるのだろう? 実は私は日本棋院の2段免状を持っていて、田舎では自称三段で打っていた。もう今では囲碁は趣味ではなくなったので免状も飾らず、誘われたときしか碁石を持つこともないのだが・・ 囲碁3段が囲碁4段とあい見合えたとき、勝負の前に3段が恐れ入りましたなんていうわけはなく、コノヤロー勝ってやるぞと思うのがふつう。4段のほうも飲んでかかるわけではなく負けたら恥だとプレッシャーがあるだろう。要するに勝ち負けに段位など意味がない。勝てば官軍ではなく買った方が強いというだけだ。 さて、カーボンマネージャー3段と4段がいた時、どう違うのか? 省エネが500kWhできるのが3段で、1000kWhできるのが4段なのか? とすると省エネ出来ないカーボンマネージャー高段者は恥をかくばかり。 ちょっと待てよ、結果がすべて結果が実力なら、省エネができる人、エネルギーコストを下げることができる人は、カーボンマネージャーの段位などいらないのではないか? ああ、囲碁と一緒だな・・・ ええっと、ISO認証と似ているような気が (ry   おっ…

続きを読む