エコプロ展

日経新聞から2015年のエコプロ展の案内が来た。12月を5月にお知らせとは気が早いが、それはともかく、もうわざわざ高い電車賃を払って行くことはないなというのが実感 今までもいろいろ書いたけど、行ってみるものが年ごとになくなってきた。もう出がらしでさえない。 そういえば最近飲んだ古巣の連中が語っていたが、今年からエコプロ展の担当が環境部から営業部に代わったという。もうエコプロ展は企業の姿勢や技術力を対外的に示す場ではなく、新製品のお披露目会に模様替えをしたということだろう。それは正しい選択というか現実に合わせたということだろう。 時代はどんどん変わっているのだなあ~ エコプロ展は過去のもの、エコは過去になってほしくないけど 昨年のエコプロ展の記事です。 https://nihonjinobaq.seesaa.net/article/a26770539.html http://www.mars.dti.ne.jp/~saitota/2014/iso571.htm

続きを読む

時流

認定機関や認証機関のウェブサイトをさまようと、どこも規格改定がすべてのようだ。まあ、ほかに語ることもないのかな? 石油こそが国家と自称したのがロシア、規格改定こそが認証のすべてなのか? 規格改定が終われば次回改定までひっそりと過ごすのか? 本家を更新しました。 方針愚考 http://www.mars.dti.ne.jp/~saitota/2015/iso588.html

続きを読む

腕時計

腕時計が壊れた。ソーラーで電波で永久に使えますというしろものであった。買った時の広告によれば1万年くらい使えるはずだったが、数年もたたずに壊れるとはこれいかに? まあ、それはともかく、バンドとか本体がチタン製で見た目はよろしくごみに捨てるのはちょっともったいない。金なら地金で売るって考えるけど、チタンじゃだめか? こういったものは廃棄するのはどうするのでしょうか? 小型家電の回収とかリサイクル社会の入り口には至ったようだけど、消費者としてはもっと協力したがその方法が分らない。

続きを読む