デモに行ってきました

デモに行ってきました 昨日(7/24)は安全保障法制のデモに国家議事堂まで出かけました。 おっと、お間違えないように! 安全保障法制反対じゃありません、賛成デモです。 午後から国会周辺はサヨクどもが集まって大騒ぎだったようです。警察官の話によると(今は警察発表というのはないらしい)6000人くらいだそうです。対する我が陣営は1500プラス程度、まあ戦争するわけではありませんが、こういうのはやはり数です。その意味では老骨にムチ打って千葉から永田町まで出かけた甲斐があったというもの! サヨクは「この国は二度と戦わないと誓った」なんてのぼりを上げていましたが、ちょっと待ってくれ! 中国が攻めてくるというのはこちらが戦わないと誓っても無駄というもの。演説した人がサヨクに、チベット虐殺を知っているのか、ベトナム侵攻を知っているのかと聞いたそうですが、サヨクはそんなもの知らんとのこと、オイオイ、その程度でサヨクやるの止めろよ! 予定では7時半お開きの予定だったのですが、サヨクがが乱闘騒ぎしていて近寄れないと言います。話によると、有田ヨシフが乱闘しているとか、いやあお騒がせなお方です。 我々愛国派は議員会館前から国会議事堂まで行進の予定だったのですが、危ないから行かないほうがいいとかなんとか・・ 結局1時間半、9時過ぎまで待機したものの、私は電車の時間が気になりお先に帰ってきました。それでも帰宅したのは10時半過ぎ・・・ 今朝(7/25)ネットを見ると、サヨク…

続きを読む

本日も平常運転なり

新しいことないか・・・と「ISO」とか「マネジメントシステム」なんてキーワードでネットを流離っている。 昨日某ブログで面白いものを見つけた。 「ISOと日常業務の融合を目指した内部監査活動にISO推進の意義を見出そうと努力する」 うーん、君の行く道は果てしなく遠いね、 いやあなたの歩む道は山の途中で消えてしまうかも しかしそこまで努力することもなさそうな・・・

続きを読む

規格改定とマニュアルの改定

個人のブログとか認証機関のウェブサイトをながめていると、規格改定でマニュアルをどう直せばいいのか、どこを直さなくても良いのかという解説(怪説?)が多々見られる。 まず基本的なこととして、私は環境マニュアルであろうと品質マニュアルであろうと、審査員への説明書であると認識している。特にEMSにおいては規格では必要ないものであり、なぜ作成しているのかと言えば認証機関との審査契約で作成しているというのが理由だ。 だからまず規格改定によって認証機関の要求がどのように変わるのかを確認しないとならない。認証機関が、「これからはマニュアルのご提出は不要です」というのならマニュアルを廃止すればいい。「ウチは審査能力がないので従来通りマニュアルを作ってください」というなら、認証機関から要求仕様を明示してもらうことになる。まあ、その場合は審査契約あるいはその付属文書が変更になるはずだ。 もし当社では環境マニュアルがないと社内で仕事が進みませんというなら、それはレベルの低い会社であるとは思うが、それならお宅が望むようにすればよいと思う。 なにも部外者が「マニュアルはこうあるべきだ!」とか「これとこれは必須事項です」なんて根拠のないウソッパチを語ることはありません。まあそういうことを言ってお金を儲けているのですというなら、それもしょうがないですね(棒) 本日は本家を更新しました。 ISOに関係ないと言えば関係ないかもしれませんが、関係あるかもしれませんよ。マネジメントシス…

続きを読む