トレーニング

昨日、フィットネスクラブで久しぶりに会った人がいた。私と同年配の女性で、2年くらい一緒にスイミングスクールで習っていた。二人とも溺れる以外できなかったが、いつしかクロールも平泳ぎもできるようになり背泳も見よう見まねでなんとかなると、スイミングスクールを止めてそれぞれ好きなことをするようになりめったに会うことがない。 最近は何をしているのと聞くと、個人レッスンを受けているという。筋トレとかダイエットとかどんなことを教えてもらっているのだろうと聞いたら、正しい姿勢をするレッスンだという。 へえ!と驚いた。女性なら腹をへこますとかくびれを付けるとか、男なら筋トレとか腹を割るとかは普通だろうけど、正しい姿勢ができるようにとは! そんなことにわざわざお金を払って習うのかと考えたのではなく、そういう基本を習うという発想がすごいと思ったのだ。正しい姿勢になるといっても気を付けの姿勢をするわけではなく、背骨をまっすぐにした姿勢ができるように関節の動きとか筋肉が弱いところを鍛えるとか毎回いろいろなストレッチとかトレーニングをしているという。そして1年経った今は両手を後ろに回して握手できたり、体前屈も後反らしもものすごくできるようになったとのこと。正しい姿勢をするにはなによりも腹筋がないとだめだというが、いわゆる腹筋運動をすると猫背になるだけでダメ。正しい姿勢は、背骨を支える腹筋を付ける必要があるらしい。ともかく彼女は自分の目標を正しくとらえそれに向かって正しい施策を取っているようだ。結果としてパフ…

続きを読む

戦術学入門

先日、用件は忘れたが津田沼に行ったとき時間つぶしでそう大きくない本屋に入った。小さな本屋だったので、出るとき場所代替わりに文庫本を1冊買った。タイトルが「戦術学入門」とある。 買う前に中身をチェックしたわけでなく、タイトルが気になっただけという理由だ。 さて昨日、東京に出かける用事があり、電車の中で読んだ。もちろんまだ読み終わっていない。ただ驚いたことが多々あった。マネジメントに関するツール、考え方、用語などはほとんど軍隊の指揮からきているそうだ。ナリッジマネジメントなんてのが流行ったのは20世紀末だったが、それはアメリカ軍の情報管理などの手法として何十年も前からあった手法だという。 そしてもっと驚いたのが、プロセスという言葉だ。ISO9001がプロセスを言い出したのは2000年だったろうか。当時は営業プロセス、資材調達プロセスなどを考えてーなんて解説があったように思う。ところがところが、アメリカ軍におけるプロセスとは一般語のプロセスとか漠然としたものではなくて、具体的な行動の仕方を意味するという。そう考えるとISOのプロセスコントロールというものが分かるような気がする。決して適当にいくつかのプロセスを考えてーなんて簡単なというかいい加減なものじゃなかったのだ。 まだ読了していませんが驚くことばかりです。 おっと、この本はISOとは無関係です。元自衛隊幹部で戦術を研究している方で、戦術を個人的スキル(アート)から技術(テクノロジー)にしようと考えている…

続きを読む

ISO NETWORKの形態

JQAの情報誌であるISO NETWORK誌が今までハードコピーを配布していたが、今年からpdf飲みになると広報があった。 http://www.jqa.jp/service_list/management/topics/topics_ms_217.html ISO規格でドキュメントのメディアとしては、紙だけでなく多様な形態があるというのを実践したのだろうか? それとも単なる費用削減か?

続きを読む