日経エコロジー

予約した本が入ったと聞いて図書館に引き取りに行ったが、日経エコロジー2月号を読まずに帰って来た。もう読んでも新しい情報が得られないだろうと思ったからだ。 とはいえ帰宅してから非常に気になり読んでこなかったことを後悔した。いつまでもあると思うな親と金、ないと思うな運と災難というが、今月発売号に限ってすばらしい記事があったり、某三四郎氏が驚異的なアイデアを書いていたりということはないだろうか、と心配になったのである。 そんなことがあるはずがないとは思いつつ、こればっかりは現物を確認しないとどうしようもない。 結論として明日か明後日でも図書館に行って読もうと、瀬戸の花嫁のように心に誓ったのである。 さあ、読む価値があるか否か、賭けませんか? Would you like to bet?

続きを読む