認証機関今昔

昔は安かろう悪かろうなんて言われた。日系というか業界系の認証機関の営業マンは、この認証機関はJAB認定がないとか、審査員の質が悪いとか、規格通りの審査しかしない、ウチは経営に寄与する審査をするとか語っていた。 だが世の中は厳しい、かって安売りとか誹謗中傷されていた認証機関が2015年末のデータではQMSの36%、EMSの32%が昔のノンジャブが占めている。もちろん昔ノンジャブでも今はジャブというのは多いが、かって安かろう云々と言われていた会社である。 JABも数が減るとノンジャブを引き込むのがうまい。まるでシャブを打つようなものだ。 昔、ノンジャブの認証機関を誹謗中傷していた人は今同じ立場になってどんなことを思っているのだろう。そんなことを考えている。 しかし   1/30追加 最後の「しかし」はなんだというメールがあった。 しかし(以下略)の気持ちだったのですが・・ 個人的には「しかし、本人はそんなこと考えていねーだろうな」だったのです。

続きを読む

JABの新規事業

JABも先行きが心配なのか新規事業なんて考えているようだ。 https://www.jab.or.jp/files/items/5574/File/20160124-7.pdf とはいえ分野は認定に関わる範疇からは出ていない。アイデアがないのかなにかしばりがあるのか? まあタイトルを見ただけで新規性がなく、大化けするような気もしない。 大変だなあ~(鼻ホジ)

続きを読む