審査員研修セミナー

グローバルテクノのISO9001審査員研修が月2回開催、ISO14001が月1回開催である。 http://www.gtc.co.jp/semn/index.html 10年前の最盛期に比べて半減であるが、それにしても多い。まさか全部満員(20名)ということはないだろうけど、半数ということもないだろう。 受講した人の9割が審査員登録したとすれば現在の審査員登録数ほど減るはずがない。 ということは受講者が半数以下なのか、登録する人が半分くらいなのか? 新しい疑問である。   本日は本家を更新しました。 異世界審査員16.里帰り http://www.mars.dti.ne.jp/~saitota/2017/isekai16.html

続きを読む

飲み会にて

お間違えないように、「渚にて」ではない、「飲み会にて」である。 といっても「渚にて」なんて知らない人が9割を超えただろう。あの映画が作られたころは東西対決が始まった頃で、いつか、いやまもなく核戦争が起きるだろう、そしたらみんな死ぬんだよねという認識が全世界で共有されていたと思う。 今はどうだ! 1990年ソ連崩壊でもう東西対決はおしまいだ、と悩みが解決したと思ったら、そうはいかなかった。 北朝鮮が暴力団的な核開発をして今は「渚にて」まで巻き戻ったようだ。 もういつみんな死ぬかわからない。でも死ぬときは一緒だ、恨みっこなし あっ、違った。「飲み会にて」であった。 某勉強会で上は80歳、下は15歳まで集まって暑気払いをした。 もちろん未成年はウーロン茶とかコーラである。 16歳の女子高生が私に問いかけた。 国立の医学部を目指しているそうだ。そして今何をしたらいいかという。 私は昔読んだ「なぜか笑介」という漫画のセリフを言った。「あと1割の努力」と、 誰でも一生懸命努力したつもりでいる。でも本当にそうだったのか、頑張ればあと1割上積みできたのではないか。そうすれば絶対後悔しないだろう。そうすればもっと良い結果がでたのではないかと。 そしてもし私が40年前、50年前に戻れたらあと一割の努力をすると語った。 でも周りの人たちは、過去は一生懸命にしたつもりだ、あと1割は無理という人が多かった。 どうなんだ…

続きを読む

ワットアコインシデンス

昨日か一昨日、本家のウェブサイトのカウンターが271万、うそ800のカウンターが156万になった。 同時に1万の位が変わったというのは珍しい。 いや単なる偶然だろうけど。 私にとってはめでたいことだ。 赤飯をたくほどではないけど

続きを読む