論理とうそ

私は年金生活者である。(キリッ というわけで最近広告で見かけた「やってはいけない老後対策」、木村大次郎、小学館、2018、という本を読んだ。 まあ、本の対象者は現役の人たち、せいぜい50前の人を対象に、老後のために資金計画を伝授する本であった。よって年金生活を6年もしている私には無縁であった。 とはいうものの、読んでいるとあちこちで、オカシイゾ!叫びたくなるようなことが多々ある。 例えば「65歳以上の高齢者の貧困化はひどくなるばかりで、生活保護受給世帯は既に過半数を超えています」とある。 これは事実だろうか? 政府が出している「生活保護制度の現状について(平成29年)」によると、65歳以上の生活保護受給者割合は2.89%となっている。大村大二郎さんの算数では2.89%は過半数になるのだろうか? いや、生活保護受給者の過半数を65歳以上が占めているのだろうか?その資料の次のページを見ると、「世帯類型別の構成割合の推移」というグラフがあり、そこでは高齢者世帯という区分が平成29年で全体の51%になっている。おお!大村大二郎さんのいう過半数とはここを言っているのだろうと一人合点する。 だが、この状況を「65歳以上の高齢者の貧困化はひどくなるばかりで、生活保護受給世帯は既に過半数を超えています」と表現することは正当だろうかと考えると、間違っているように思う。単純に人口構成が高齢化しているということではないのだろうか?あるいは高齢に…

続きを読む

名か実か

名も実も欲しいという人も多いが、名だけでいいとか、実だけという人もいる。 数日前、居合で昇段審査でお金を払って云々というニュースがあった。私は居合道の練士とか教士というものがいかほど価値があるのか分からない。 つい最近も大学医学部の入試でお金をもらうとか、補助金をとりはからうという高級官僚の息子を入学させたとか。お金を払って医者になれてもヤブじゃどうしようもない。 似たようなものは過去からたくさんある。もう20年も前ですが、私も囲碁の4段免状が欲しかった。囲碁の場合、昇段試験で定められた勝率を上げてもお金を払わないと免状がもらえません。囲碁4段では65,000円も払わないとならないのです。2段のときは県の大会で2位だったので半額でしたが、3段4段となるとそう甘くはありません。当時は6万5千円払ってもと思いましたが、今振り返るとなんでそんな免状に価値があると思ったのか理解できません。おっと、私の場合は勝率が・・で諦めました。 以前の会社の同僚は書道が大好きでした。流派の偉い人に〇百万出すと日展で賞がもらえるとか言ってました。日展の賞がもらえると名誉なんでしょうけど、実はあるのか?教室なんて開いたとき生徒が増えるのでしょうか? 確かに医師免許なら価値があるでしょうけど、居合道練士とか書道師範なんて客観的に価値あるのでしょうか? とはいえそういうのはたくさんあります。踊りとか謡とかの師範、最近流行のゼンタングルにも指導者の資格とかあるらしい。 も…

続きを読む