風力発電

台風で淡路島の風力発電の風車が倒れた。今回に限らず大風で壊れたり、騒音問題で近隣ともめたりする話を聞く。おっと、風力だけでなく太陽光発電でも熱気とか反射光とか地崩れとかでもめ事が多々報道されている。 風力の損益計算をしているサイトは多々あるが、台風で壊れるなどを考慮しているとは思えない。壊れた風車と借金だけが残った人だって多発するのではなかろうか? http://www.econ.kyoto-u.ac.jp/renewable_energy/wp-content/uploads/2017/03/20170117-doc.pdf https://www.tainavi-pp.com/investment/wind/51/ 風車を売る人は仲人口で台風のこととか、騒音で家畜が狂い死にしたとか、近隣から裁判が起こされている事例があるなんては言わないのだろう。 もうあの風車は風で動いているんじゃなく補助金で回っているのですとか、太陽光パネルはパネルを付けてない人がお金を払っているのですということを大声で言うべきじゃないのか? あげくに補助金で設置費用を回収する前にパネルも風車も寿命が尽きてしまうだろう。いやいや風車の寿命が尽きる前にパワーコンデショナーなどの寿命が尽きるのは間違いない。 ところで夏休みこどもたちを連れてきた姪が、家を新築して太陽光パネルを付けたよと自慢していた。 今どきかよと心の中で思ったのは内緒。はてさて、姪は元が取れるのだろ…

続きを読む