ISO認証の成果(宣伝)

私は、あちこちの認証機関をさすらう素浪人である。 このたびは日本能率協会のウェブサイトを尋ねた。 どんな認証をしたらいいのか課題から探すというページがある。 https://jmaqa.jma.or.jp/region.html あちこち拝見して、これはちょっとと思ったことがあるので書く。 ■同じミスが繰り返されてしまう これは不具合の再発防止ルールを作るという意味で、確かにマネジメントシステム規格の範疇かと思う。 ■現場で発生しているクレームが経営層に伝わらない。 まあ、これも仕組みの問題ではある。 だが、おかしいと思わないか? それをするのは下層の人でなく、仕組みを見直す階層のはずだ。ならばすでにその階層が認識しているなら、ISOなんて関係なくすぐに自分たちが対応しろと思う。 どっちにしろISO規格には仕組みを作れという要求しかなく、どうすればうまくいくなんて書いてないんだから。 ■けがや事故が減らない こりゃ仕組みじゃなくて工夫だよ、ISOじゃない ■調達品等の表示に間違いがないか、どのように確認するのが効果的か悩んでいる なことへの回答をISO規格とかISO認証が教えてくれるわけないじゃないですか? ちょっと変!

続きを読む

いろいろあるもんだ

日々、あちこちISO関係の機関や団体、コンサルタントなどのウェブサイトをながめている。 たまたま日本規格協会に行った。 https://shinsaweb.jsa.or.jp/ こんなことしているんだという驚き! ISOMS認証といっても、昨今はアメーバかコロナウイルスかというほどに増殖している。まあコロナのように悪さをしなければどうということはない。 日本規格協会ソリューションズという会社が提供している認証として、次のようなものがあった。 ・アクティブレジャー認証 健康増進のためのアクティブレジャー商品の安全・効果・サービスを評価するんだって ・ヘルスツーリズム認証 旅行商品の安全・情緒的価値・健康効果を評価するんですって ・家事代行サービス認証 これは以前始まるときニュースか何か見た記憶がある。 家事代行サービスの品質を評価するんだそうです(棒 ・ガイドライン適合認証 職業訓練サービスの…以下略 まあ、いろいろあることに驚き、なんでも商売にすることにたまげたよ でも……ここからが本文なのです(笑 ツアー会社とか家事代行なんてISO認証とか関係ないよね。私の知っている病院とかフィットネスクラブでISO14001認証していますなんてところもいくつかあります。 でも客はそんなこと一切気にしてません。 一番参考にするというか、気にすることは口コミです。知り合いが語る評判、悪口、見聞した出来事です。 信用のあるなしじゃないんですよね、 知りたいのはシステ…

続きを読む

本日は本家を更新しました。

本日は本家を更新しました。 出し物は、うそ800始末37.管理責任者 http://www.mars.dti.ne.jp/~saitota/2020/iso741.html いろいろ考えておるのですが、本日はこのブログに全文を載せることを試してみます。 ご意見をお聞かせください。 実際にやってみるとコピーしただけではどうにもならないことがわかりました。スタイルシートはそのまま使えないし、画像も思うところに行きません。 やはりこの方法は根本的にまずいのかもしれません。 気に入らなければ、本家に飛んでもらったほうが良さそうです。 まあ、これに懲りずにまたいろいろトライします。 うそ800始末37.管理責任者 管理責任者、いやあ~懐かしい言葉ですね。 えっ、今でもあるんですか? 付属書を読めって? 付属書(注1)に管理責任者という言葉は出てくるけど、単なる説明でしょう。 1990年代初頭にISO認証が必要になった時から、管理責任者とはなんぞや? 兼務しても良いのか? この仕事と兼務しては不適合か? という悩み事、そんなことで右往左往したものです。 そしてそれへの回答も認証機関によって異なりました。 それからISO9001では単数でしたが、ISO14001では複数も可でした。それから複数でもよい/いやだめだとか、それから社長が管理責任者ではダメとか良いとか、まあ百論続出でしたね。 認証機関もISOTC委員も、こう解釈するのだとか、こうすれば良い…

続きを読む