大変だ!

地球の陸地の10%は年中氷におおわれているという。  陸地面積 147,244,000km2  氷河などの面積 15,000,000km2 南極大陸がその80%で、グリーンランドが12%、残りやヒマラヤや高い山頂など。 温暖化で毎年いかほど減っているのだろう? テレビでよく映している南極の崩壊する氷河を見ていると、どんどん氷が溶けていくようだが、ハテ、あと何年でなくなるのだろう? 2050年までに南極とグリーンランド以外の山間部の氷河が消えてしまうという。 https://wired.jp/2021/04/30/melting-mountain-glaciers-may-not-survive-the-century/ ということは (100-(80+12))÷(2050-2021)=0.28%=147244000×0.28÷100=41228km2 毎年地表面積の0.28%つまり4万キロメートルが溶けていくという計算になる。 日本の一割だ。毎年アラル海の面積の氷が溶けているのだろうか? ご注意! 海面上の氷ではなく、陸上の氷だよ! 世界の軍艦がどこを航行しているかグーグルマップで分かると語った国会議員がいたが、毎年アラル海が一つ分の面積が溶けていくならグーグルマップで十分わかるだろう。 これは良いことを聞いた。

続きを読む

認証機関のニュースレター

認証機関によって名称はいろいろだが、どこでも情報紙というかメルマガを定期的に発信している。 会員以外読ませないなんて嫌味は認証機関もあるが、9割方はオープンで私のようなふりの客も拝見させていただいている。 だけど、どこも内容がない! もうISOの解説とか他の企業の手本になるような情報も目新しくない。 認証機関は革新がないといえばそれまでだけど、もうどうしようもないのだろうか? 私のほうが悶々としてしまう。

続きを読む

認証件数は?

12/16時点の認証件数はQMS、EMS共に前年比約2%の減少であった。 2019年から2020年の減少は極めて大きかったから、それに比べれば意外なほど少ない。 あと認定機関も認証機関もあと50年は安心して暮らせえる。 どんなビジネスも30年で極相に至るというのが一般だから、50年安閑としていられるのは現在では極めてまれなビジネスだ。 ご同慶の至り、 と思ったが事業消滅まで50年ではちと条件が違う。大変だな~、とはいえほかのビジネスと同等だともいえる。 大晦日までに少しは変わるかな?

続きを読む