好奇心

私が書いている文章の9割はアンチISO認証だろう。 それは私がそう考えているから仕方がない。 もちろんISO認証命と言う人もいるだろうから、そういう人はISO認証スバラシイということを書いているだろう。 ネットにはコンサルの宣伝がいっぱいあり、それを読めば認証件数は増えて、審査員の需要もバラ色だという風なことしか書いてない。 まっ、それはともかく、私が知りたいことがある。 ISO認証制度が始まってほぼ35年。この間の社会への貢献量そしてコストはいかほどだったのか、損益計算書は赤か黒かどっちかということだ。 儲けたとかでなく、ISO認証制度で社会が良くなったか否かかということですよ、 だれか計算してほしい。 心からの願いである。

続きを読む