コンサルは今


先日、メルマガ アイソス番外編が来て、その中に懐かしいISOコンサルの名前がいくつもあったとこのブログに書いた。
その名前でググったのだが、ご本人のウェブサイトもブログも見つからなかったコンサルさんもいた。10年前は羽振りがよかったし、5年前でも「ISOコンサル」でググると上位10番以内に検索されたものだった。
その方だけでなく、ISOコンサルというキーワードでひっかかった税理士とか町のコンサルはもうたくさんいた。
しかし2020年の今、検索にヒットするのは会社組織とか大人数でしているような組織がほとんど。職人肌のISOコンサルらしいものは稀有です。
どんなビジネスでも大企業が多くなり寡占化が進み、個人経営は淘汰というか排除されるのが一般的です。
例外は床屋とか自転車修理というような大規模化によるメリットがない業種だけでしょう。床屋でも1000円カットとか自転車も販売専業ですと大規模店ばかりです。
ISOコンサルも企業対応で考えるようでは利益が出ないから標準に合わせて認証ということが進んできたのでしょうか?
どなたか詳しい方教えてください。

この記事へのコメント