電子本の良し悪し


紙の本を買っても最後には捨てることになるから、最近はKindle本を買うことが多い。
電子データだと引用とか検索するとき検索で一発だから楽だ。
とはいえ本を読むということだけ考えると、人間工学的にどうなんだろう?

その反面、使いにくいこともある。
寝転がって読むにも不適だし、机に座ってスマホを持つのも変だし……ということでパソコンで見ることが多い。しかしこれも変な気がする。
紙の本なら気になったところは犬の耳を折るとか、自分の考えを書き込んだりするが、電子ブックではマーカーをつけるのと栞を入れるだけ可能のようだ。
もっと大きな問題がある。それは電子ブックの場合100ページなら読んでいて問題を感じないが、それ以上ボリュームがある本になると一度読んで気になったところをもう一度探そうとしても見つけにくい。紙の場合はページをパラパラさせるとアッと不思議にその場所がわかる。パラパラさせるだけで文章がチラチラと見えて該当箇所の見当が付くのではないだろうか?
章立てが細かく目次にあれば常に目次表示にしておけば少しは手掛かりになるけど……
小説の場合こまかい目次がないのが普通だから、気になったところを読み直そうとしてもなかなか難しい。
これは慣れるしかないのだろうか?

この記事へのコメント