JQA審査アカデミー


JQAでは審査アカデミーという制度というか仕組みがあるそうだ。
https://www.jqa.jp/service_list/management/action/academy/
ウェブサイトを読んだだけだが、審査員になりたいとか、審査員の仕事に興味がある人を募集して教育し、JQAの審査員に養成するらしい。
まあ、ご立派なことというしかない。
でもさ、毎年3%ずつ認証件数が減少しているビジネスに、これから参入しようという人もいるのかどうか? まあ、これから審査員になるぞとお考えの方は周回遅れなのは間違いない。
話はパット変わる。10年ほど前、私が都会に出てきたとき電車の中つり広告でたくさん見たのは薬科大学創設と学生募集だった。当時4年制から6年制になるときで、それが関係あったのかどうか、学生が増えるだろうと胸算用したのだろう。
これから文科省が定員割れしているとか薬剤師国家試験の合格率の低い薬科大には閉学するよう勧告するとか聞いた。
もうひとつ、大学や大学院に「環境」を冠した学部や学科が創設されたのは1990年中ばだった。当時は、どの大学も環境○○学部なんてのがひとつないと恥ずかしいくらいだったようだ。
それが2000年を超えると、廃部とか看板だけ架け替えるところが続出し、今は環境を冠する学部も学科も数えるほどしかない。
名前だけでなく大学の中で審査員研修をしているところなどなくなった。
私に言わせると、それでも環境が下火になるのを読むのが5年遅れていると思う。
話を戻すと、これから審査アカデミーでは周回遅れどころか2週遅れているようだ。
5年後に廃止するのか、10年後なのか、まあそんなことになるだろう。

この記事へのコメント