ボケか?老いか?


家内がこの本が面白そうと新聞を見せたのは「80歳の壁を超える食事術」という本の広告だった。広告を読むと食事に注意することが重要とあり、食べるべきものと食べてはいけないものが羅列してある。

ちょっと眺めて、オイオイと思ったのである。
というのは今まさに私は「認知症にならない最高の習慣」という本を読んでいるのだ。
私は好きなこともあるが、ほぼ毎日バナナを食べ牛乳を飲んでいる。「認知症に」ではそれはいけない食べ物であり、食べてはいけないとあり残念、悲しいと思っていた。
ところが「80歳の壁」では食べるべきものに入っているのだ。
それを見比べて思うのは、どっちが正しいのか?ということだ。だが考えてみると、片方はボケないようにであって、他方は元気になのだ。矛盾はない!?

まだ「80歳の」は発売前で読んでないけど、今までに読んだ類似の本を見ると、まったく同じことを語っている本はなく、みな著者の思い込みとかご自身の実験結果をもとに、これがいい、俺がいい、こっちの水は甘いぞと言っているようにしか思えない。

じゃあ、どうするのかとなると、自分が信じる道を歩むしかないようだ。
もちろん酒をじゃんじゃん飲むとか、タバコは大いに吸うというのはダメだろうが、バナナを食べても牛乳を飲んでも許してほしい。どうせボケるのは私、老化で歩けなくなるのも私なのだ。
おっと、過去素晴らしいことを語っていた医師たちが長寿、元気だったとは限らないというのも救いだ。

この記事へのコメント