1987年版のISO9001について

最近、私の本家にくだらない文を書いている。
デタラメも書けないので、本棚の1990年頃に出た「品質保証の国際規格」という本を引っ張り出して読みながら書いている。規格の文章を読むと今の曖昧模糊のISO9001と違い、ビジブルである。昔はISO規格もまっとうだったのだなあとある意味感動する。
それが2000年版、2008年版、そして・・・と劣化するばかりだ。
おっと、お前は品質保証の観点で見ているからだと言われると、そのとおり
でもマネジメントシステムとか会社を良くするなんて、そりゃデタラメも甚だしいよね
そんなものが存在するはずがない。
私が間違っているというなら、会社を良くした証拠を出せ、顧客満足を達成した証拠を出せ!
品質保証なら達成したことは間違いないだろうね

この記事へのコメント