ISO14000事務局10年目の本音(第31回)

 
20145月号の10年目の本音は「環境事務局の力量はどう証明すべきか」であります。
川中氏は内部監査で「ISO事務局の力量を証明してほしい」と質問されて困ってしまったそうだ。結局いろいろな資格を持つことで力量を証明しようと考えたという。そしてそのために審査員補、衛生管理者、公害防止管理者、環境計量士、エコ検定などの資格を取りあさったと書いている。
そもそもというと語弊があるが、「力量」と「資格」は次元が異なる。力量とはなにごとかを実行できる能力であり、資格とはなにごとかを実施しても良いという条件である。だから審査員補とかエコ検定とは資格とは言えないわけで、そういうものは検定というのだ。(まさかいまどき審査員登録していなければ審査員ができないとお考えの方はいないだろう)
そろばんやワープロを使うとか英語を話すには資格はいらない。そういうことがどれくらい上手かを評価する試験を検定といい、そろばん何級とかワープロ検定とか実用英語検定などという。おっと、「エコ検定」ってちゃん「検定」と書いてあるではないか。そして検定と資格はまったく別のもの、川中さん、大丈夫かいな?
ともかく力量とは、資格でもなければ検定でもない。それがなにかということはISO17021にもISO14001にも書いてある。
だから冒頭で川中氏が「内部監査が正しく実施されていることが事務局の力量があることの証明である」と述べたことは、方法論としては正しいのだが、具体的な説明としては間違いというか見当違いである。
つまり事務局というものが存在するというか、設置すると決めた組織においては、当然だが職制表あるいは組織規則において事務局の職務を決めているはずであり、その職務を達成していることによって力量のあることの証明になるということだ。しかしながら事務局の職務が「良い内部監査を行うこと」と決めているとは思えない。たぶん、川中氏の会社でも監査部があり、そこが内部監査を行うと決めているのではないだろうか?
ISO事務局が内部環境監査に関わったとしても、せいぜいが事務局だろう。まさか内部環境監査責任者になっているとは思えない。
事務局なんてものは私が働いていた会社には存在していなかったが、仮に設置したとしてもISO認証機関との交渉窓口とか、審査対応の事務処理ということではないだろうか?
ともかく事務局のお仕事が何かということを明確に定めて(あるいは定めていることを良く調べて)そのお仕事を有効で効果的に実施運用していることを過去の運用によって立証することが力量証明となるだろう。
だから事務局員がその仕事に関係ない資格をいくら取得しようと、事務局の力量証明には無関係である。川中氏の語っていることは、おれはフルマラソンを3時間で走れるからISO事務局の力量があるのだと言っているのと全く同じである。
まあ、そんな基本的なことを理解していないから、毎回私から突っ込みを受けるような文章を書いているのだろう。つまりISOについてのカラムを書く力量がないのだ。
さて、いよいよ「10年目の本音」も来月で終わりらしい。日経エコロジーもかなりこのカラムでは評価を下げたのではなかろうか。まあ、アイソス誌も半人事務局氏のカラムで評価を下げたので似たようなものか。
7月号から新シリーズが始まるのだろうが、それが期待できるのか興味がある。といっても「10年目の本音」を2年半も続けた編集部だから期待薄ではある。
ところで、アイソス誌連載の半人事務局さんは今月で終わりと聞く。最終回はどうなるのか? ぜひとも八重洲ブックセンターに立ち読みに行かねば・・・
 

この記事へのコメント