昨日の続き

 
ISOとは成功することが証明されているときに、それを実現する方法なのだろうか?
そもそもISO9001とは品質マネジメントシステムではなく、品質保証の規格であった。品質保証とは、こうすればうまくいくということが分っているときに、そのうまくいくという条件を確実に維持すると客に約束することである。だから元々のISOに開発はない。開発は品質保証の埒外、そんなことはISO規格などに標準化できないと聞いたことがある。
しかし企業は枯れた製品を作り続ければ良いわけではない。常にチャレンジし冒険をしていかなければ明日はない。そういうものまでISOの標準化ができるのかというのは疑問である。いや、個人的にはできないだろうと思う。
だからISO9001で会社を良くすると語る人はどういう発想なのかちょっとわからない。
ISO9001ISO14001でも、関係者はできもしないことを宣伝するのを止めたらどうか?
ISO9001で会社を良くしようと騙るのではなく、ISO9001で一定品質のものを作れるようにしようとか、ISO14001で環境を改善しようと騙るのではなく、ISO14001で遵法をしっかりしようとか、過去に起きた事故は二度と起こさない体制を作ろうというべきだと思う。
それは立派に価値があることなのだから。
そしてできもしないことをできると嘘をつくことは価値がないどころか犯罪です。
ISOで会社を良くすると騙ることは詐欺かもしれない。
 
本日は本家を更新しました。

マネジメントシステム物語49 新人教育 その1

 
 

この記事へのコメント