行政のISO認証

 
2014/4月末時点でISO14001認証を受けている行政組織数は103組織だ。
最盛期は2004年で当時認証していた行政組織は510くらいあったから、9年間で8割減である。というより大幅減というべきだろう。
なぜ減ったかと考えるよりも、なぜ今でも103組織がムダつかいしているのかを考えないといけない。いったい住民は税金の無駄使いを気付いていないのか?
これは重大な服務規程違反ではないのか?
 
地方公務員法 第三十条  すべて職員は、全体の奉仕者として公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当つては、全力を挙げてこれに専念しなければならない。
 
一自治体の登録料を250万と仮定すると100組織で25千万、自治体の赤字が言われているとき、少ないからいいということはあるまい。無駄は1円でも省くべきだろう。
もっともこれがゼロになると認証機関の売り上げは1%減、困るだろうなあ~
 
本日は本家を更新しました。

マネジメントシステム物語52 新人教育 その4

 
 
 

この記事へのコメント