次期改訂版ISO14001に基づくEMSの運用(7回目)

次期改訂版ISO14001に基づくEMSの運用(7回目)
というお話を斎藤さんという認証機関の社長が書いている。私はこの方とは面識はない。
しかしすごい人だというのがわかります。
まずタイトルからして、目玉どこーって感じです。
 
 / ポーン!
( Д )
 
EMSの運用ですか
(゜Д゜)ポカーン
 
私、人生60有余年生きてきましたが、いまだ出会ったことのないものに出会うということはありがたいことです。
いやほんとを言って、この方のご説が世の中に影響することはないでしょうから、どうでもいいのですが・・・・

いや、しかし疑問は延べなくてはならないだろう。
この方、マニュアル改定のポイントを語る。
元々ISO14001にマニュアル要求はなく、次回からQMSでもマニュアルが不要となる時代に、マニュアル改定のポイントか・・・・大義である。
 大義であるとは、今風に言うと「乙!」ということ
この方は、製紙業の手先か、紙問屋の手下に違いない。
天動説であることは間違いない。ということは前世紀の遺物に違いない。いや、16世紀の亡霊かな?

本日は本家を更新しました。

継続的改善




 

この記事へのコメント