日経エコロジー7月号


止める止めると言いながら、これを読むのがやめられず、そして突っ込むのもやめられない。私は日経エコロジー中毒者である。中毒患者にしてはここにあげるのが遅かったといわないで、今月はグアムに行ってましたので1週遅れになったのですよ。
では今月発売号についてのコメントを・・・
■P.5 提言
中鉢さんという偉いお坊さん()が書いている。環境無視、軽視、重視なんて言葉を軽く(安易に)使っているが、意味を理解しているのかどうか定かではない。環境配慮とか重視とは何か?わかっているのだろうか。よく考えてみれば、そもそも環境という区切りをするとか、環境というものがあるというとらえ方、発想、行動があり得ないというか、時代遅れだろう。冒頭に「元環境部門を担当していた」とあるが、そのような認識であったならレベルが知れる。
■P.16 アスベスト訴訟
荏原と大和の土地売買問題はますます大きくなっていくようだ。だけど根本的責任は行政だよね。アスベスト規制がどうあったにせよ、アブナイというのは1960年代から知られていたのだから。荏原も被害者、大和も被害者だと思う。そういや、PCB問題もその責任は行政だよ。72年から2000年まで大卒で入社して定年になるほどの期間放置してきたってのはすごい怠慢だ。
■P.22 エコ資格に脚光
まあ資格を作って儲けようという気持ちは分かるけど、こういうものは肩書じゃなくて力量、結果だからね。省エネできないんじゃ存在意義がない。
ちょっと待て、資格じゃなくて検定じゃないのか?
■P.24 和歌山市がLCA分析で廃プラ分別中止、1億円の効果!
素晴らしい。そんなこと誰だって直観的にわかっていたと思うけど、言い出せなかったんだよね。環境教とその信者は恐ろしいから。緑豆なんて悪魔のようだわ
■P.26 逆算の経営・長期ビジョンの作り方
過去からビジョナリィカンパニー、エクセレントカンパニー、サスティナビリティカンパニー、いろいろと研究されてきた。でもそういった研究で褒められた企業を10年後20年後追跡すると、その多くがポシャっていた。ここに取り上げた会社の10年後の会社経歴書や財務諸表を見たいと思う。それまで私が生きていれば。いやそれまで会社が存続していれば。
■P.76 改定ISO14001に取り組む
おお我が愛しき川中三四郎さんだ。まあ期待せずに読もう。
「環境方針に環境活動のベクトルを合わせるように指導を受けたがとん挫した」とのたまわく。ちょっと待ってほしい。そもそも組織とは方針を実現するための存在ではないのか。方針と合っていない環境活動がありえるのだろうか?
川中さんは組織論を知らないのか? 知らなくても組織のレゾンデートルを理解していないのか?
この人は地面から空を見上げるのではなく、空から地面を眺めて考えなければならない。あるいは実務に徹するなら上長の方針を現実化することに徹すべきだ。私はもちろん後者である。経営者ではなく執行担当のプロだから。
■P.90 シエアリングエコノミー
まあ一読するとその通りだと思う。いや思う人もいるだろう。しかしその思想の行きつく先は経済的シュリンクである。そういうビジネスによって新しい仕事が発生するというなら、そのコストは物から手間に代わるだけで、プライスは変わらない。プライスが下がるなら所得が減るということなのだから。結果、所有から利用、新品からセコハンになるだけで、なにがメリットになるのだろう。資源の浪費を少なくするということはあるかもしれないが、それもLCAをよく考えないと正しいのか悪い事なのかわからない。
最終的には価値観の問題、人生観ということになる。
ちなみに私は物を持たず使わず、浪費もしていない。とはいえその思想を広めるほど信念も説得力もない。
まあ1時間ばかり暇つぶしにはなった。

この記事へのコメント