格付け


韓国の格付けが上昇中らしい。
今後予想されるトランプ大統領就任とか中国のバブル崩壊などがあっても、強固な経済体制と体力は大丈夫!投資すべきとムーディーズが太鼓判を押しているとのこと。
ムーディーズは格付け会社で、あの1929年の大恐慌のときムーディーズがお墨付きを与えた企業は斃れなかったとのことで、その名声を確実にしたという偉大なる歴史がある。
スバラシイ
とはいえこの太鼓判、非常に怪しい。
多くの人がポジショントークだと言っている。
格付けされた会社が怪しいのではなく、格付け会社が怪しいのでは困る()。
そういえばもうひとつの格付けというか外部保証を思い出した。
ISO認証は信頼できるというのはポジショントークなのだろうか?
それとも単なる勘違いなのだろうか?
認証を受けた会社でなく認証機関が怪しくては(以下略

この記事へのコメント