有益な環境側面の本


私はときどきISO認証関係でどんな書籍が発行されているかをチェックしている。
今年は有益な環境側面と称する本は1冊も出版されていなかった。もちろん本の中でどんなことを書いているかはわからない。だがもう大きな声で「有益な側面」なんて騙ることは許されないというか通用しない状況になったのだろうと自分本位に考えた。
我々は邪教を打ち破ったのである()
とはいえ来年はまた新しい黒魔術が現れるだろう。まあ、もう戦う気もない。我々の後進がが己の利害をかけて戦えばよい。アホらしいことはもうオワリ

本日は本家を更新しました。

3.2.1 環境




この記事へのコメント