将来はどうなるのかではなく、将来をどうするのか


私が引退した時期がちょうど今頃で、頭に浮かんだことである。
私が引退する直前、認証機関の知り合いに挨拶回りした。某認証機関でたまたまそこの取締役に会って「審査員は不勉強だ、認証ビジネス業界の将来を考えている人などみかけない」と言った。
するとその取締役「黙れ!それは言い過ぎだろう、考えている人はいるんだ」とのたまわく。さすがの私も言いすぎましたと謝った。確かにちょっと不遜で言いすぎだったかもしれないw
しかしあれから5年の推移をみれば、認証ビジネスの展望を考えている審査員、いや認証機関の取締役などいるものだろうか?(反語である)
30年前、私が単なるパソコンユーザーだったとき、パソコンの外部記憶装置はどうなるだろうなんて考えた。そのときの結論は半導体メモリーになるだろうという結論だった。そして現実に外部記憶装置は、磁気テープ(テープレコーダー)から5インチフロッピイになり、3インチフロッピイになり、ハードディスクになりSSDになった。いや外部記憶装置だけではない、マイクロソフトがパソコンを牛耳っていたとき、これからの栄枯盛衰を考えるとかしていた。もちろん間違えたことも多い。東芝、シャープなどがこけるなど予想もしなかった。
もちろんパソコンだけでなく、自分が勤めていた会社、関わっていた業界の趨勢を予想し、自分の立場で何をなすべきかということは考え実行してきた。
さてISO認証機関に勤めている取締役、審査員、事務方の人々はいかほど真剣に考え、実行に移しているのか、私は疑問である。
5年前と今のISO認証ビジネスの現状を見比べると、長期的展望をもって対策してきた人がないことは間違いない。私が正しく、その取締役が間違っていたと確信する。もっともその取締役もとうに引退し、とっくの昔にISOも認証も忘れたかもしれない。
ISO審査員も引退すれば自分が過去に行った審査も判定も忘れてのんびりと暮らしているのだろう。誰も責任を負わないものなら、まっとうになるはずはない。
過去5年間のISO90004441件減(12%減)、ISO140012727件減(14%減)、ISO認証ビジネスの売り上げは66億減(20%減)である。
それが将来を考え努力してこなかった結果だ。あるいは努力してそうであるなら能がなかったのだろう。

この記事へのコメント