体重計


私が通っているフィットネスクラブで体重計が古くなったとかで更新した。
新しくなったのはいいが、利用者たちは目方が違うと文句が出ている。私の場合も、通常は62キロをわずかに切るくらいで推移していたのだが、新しい体重計になってから62.4が中心になった。500グラムのアップである。
女性ではないが皆頑張っているから500グラムも違いがあれば文句が出る。
ちなみにタニタのウェブサイトをみると、体重計で100キロ以下は±400グラムはOKで、100キロを超えると±1キロとなっている。
ちなみに体重計のJIS規格、JISB76132015では精度は±2目盛となっていて、絶対値ではないようだ。
否が応でも慣れてしまうのだろうが、本当の目方はともかく、日々の上下を気にしている者たちとしてはいささか気に入らない。
と考えていて、ハタと気が付いた。時計はみなどれくらいの狂いまで許容というか我慢するのだろうか? クオーツといえど誤差ゼロではない。30秒くらいなら良しとしているのだろうか?
私は腕時計を止めてしまった。5分十分くらいの誤差は気にしないというのが定年退職者の特権である。更に言えば王様なら遅刻するのが当然、
 
本日は本家を更新しました。

異世界審査員88.大陸調査その2

この記事へのコメント