サーキュレーター

私の部屋は縦横の寸法が日本の何畳という感じでなく細長い。マンションの部屋なんてみなそんなものだけどね。 それでエアコンの風が部屋全体に回らないので夏冬ともサーキュレーターを回している。サーキュレーターとは小さな扇風機であるが、低風量で低音に作ったものだ。人に風を当てるのではなく部屋の空気をゆっくりと循環させるのが目的。 1年じゅう使っているから羽や保護のプラスチックのメッシュ部分が埃が付くのがすごい。 ときどき掃除機をかモップでやっているのだが中の羽根とか軸部分まではとどかない。 しょうがないと本格的に掃除しようとしたが、ばらすしか手がない。ばらすといってもプラスチックの大物と羽根を取り外すくらいだ。 さてそれが大仕事になった。 羽根のプラスチックカバーは裏面の深い穴の底のねじで止まっているのだが、それが6か所もある。 羽根をはずすのは、普通の扇風機は回転方向に回すと取れるようになっているのがセオリーだが、直径10ミリくらいのナットで止めてある。ふつうのスパナとかモンキでは入らず、ボックススパナでないとできない。そんな大きなボックスは持ってない。だからあきらめて拭けるところだけ羽根を拭いておしまい。 どうも掃除をすることを無視したつくりである。 実を言って我が家にはもう一台、国産のサーキュレーターがある。家内は音が小さいからとそれを使っていて、私は音の大きい中国製である。 国産のものは羽根のカバーも手で回すと外れるし、羽根も手で少し回すと外れる。使用者が掃除するように作られ…

続きを読む

UKAS

最近はISO認証に関して新しい情報もなくつまらない。 認証機関、コンサルのウェブも変化なく…… ということで海外はどうかとまずはUKASのウェブサイトを訪問してみた。 UKAS - The UK Accreditation Body - Creating Confidence UKASの位置づけを見ると半官半民なのだろうか? 公社のような団体なのだろうか? 「UKAS は政府から独立していますが、ビジネス貿易担当国務長官 (DBT) を通じて政府との覚書に基づいて運営されています。」 あちこちつまみ食い的に眺めたが、JABとは比較にならないほどの内容がある。しばし楽しめそうです。

続きを読む